四十にして惑わず (起業時の事)

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 03:07

 

 

昨日4/17は、1985年我らが阪神タイガースが甲子園で伝説のバックスクリーン3連発があった記念すべき日…

 

 

 

 

でもあるのですが、私の誕生日でもあります。

 

おかげさまで40の大台に乗りました。

 

お祝いのメッセージ頂きました皆様、ありがとうございます。

 

 

よく

 

“四十にして惑わず”

 

と言いますが、どうなんでしょうね。

 

目の前の仕事をこなすことで精一杯なので、惑わずと言えば惑わず。

 

 

さて、先日の話しなのですが、

 

あるハガキがポストに入っておりました。

 

開けてみると…

 

 

そう、金融機関からの完済のお知らせでした。

 

これは感慨深いモノがありまして。

 

何かとうまくいかない人生の中でも、これは胸を張れるものです。(エッヘン

 

 

5年前の起業時に融資を受けておりました。

 

今でも思い出しますね、書類を用意して面談を受けに行ったあの日の事を。

 

起業時の事を少し書きましょうか…

 

 

 

 

 

当時5年ほど勤めた東京の会社を辞めて、大阪の実家に戻り、起業の準備をしていました。

 

準備とは

 

工房兼店舗となる物件を探したり、

 

金融機関に提出する書類を作ったり (これは金融機関に勤める友人がいたので、相談に乗ってもらい非常に助かりました。)

 

機械や材料などの選定をしたり、

 

関西(大阪)は久しぶりに戻ってきたので、情報収集をしたり、

 

 

などなどしていました。

 

 

物件は当初大阪(市内)で探していました。

 

当時同じ時期に起業する某職人と情報交換をしていたのですが、

 

彼は少し早いタイミングで大阪市北区で思うような物件を見つけることが出来、

 

それを聞いた自分は焦っていました。

 

とはいえ、大阪に自分の条件に見合うような物件は無かったのです。

 

 

 

 ・賃料 (思ったより)賃料が高め。市内でも中心部の良いエリアで探していました。

 

 ・面積 工房兼店舗で機械類や材料も置くので、それなりの広さが必要でした。

 

 ・内装費 内装に予算を割かないといけない物件が多かったです。

 

 ・音の問題 機械やハンマーでどうしても音がなる。

 

 

これ以上は時間をかけれないなと思っていると、知り合いから「神戸方面まで広げてみれば?」とアドバイスが。

 

ネットで探し、春日野道駅と神戸駅の物件を見に行きました。

 

ほとんど土地勘のないエリアで、不安だったのですが、

 

その不安感よりもとにかく早く仕事を始めたかった気持ちの方が強かったように思います。

 

 

 

というのは、靴工房として起業するに辺り、両親、特に父親からは良く思われてなかったのです。

 

靴作りを生業とする事に抵抗があり、専門学校に進学する際にも反対されました。

 

何度か話し合いも持ちましたが、自分の中で理解を得るのは難しいという結論になりました。

 

また金融機関から融資を受ける際に保証人を付けるかどうか、これはさすがに親には頼めず、

 

止む無く兄にお願いしました。

 

専門学校在学時、奨学金を借りていたものの、2年時に資金ショートを起こしそうになり、ここで退学するか…散々悩んだ結果兄に借りた事があり、助けられた経験がありました。(←就職後に返済計画通り完済しました。)これは感謝しましたね。ここで断れていれば、今のKenji Hashimotoはないです。

 

今度も大丈夫だろうと高をくくっていたのですが…今度は見事に断られました。これは想定外の事で、かなり落ち込みました。

 

 

 

後に金融機関の面談の際に、

 

「保証人付けないとこの額(割高)になりますが、いいですか?」

 

と言われますが、

 

それくらいの負担でもとにかく借りれるなら有り難い。

 

とさえ思っていました。

 

(これは非常にリスキーな状態で、金融機関の冊子にも身内から理解を得られないなら、一度よく考えましょう的な事が書かれています。全くその通りだと思います。私は運が良かっただけなので、良い子は真似をしないように。でも引くに引けない部分があったんですよ。)

 

 

こんな感じの状況だったので、神戸行きというのは大阪から距離を置けるまさに“渡りに船”でした。

 

そして神戸駅近くの今の工房を選ぶ事になる訳です。

 

大阪の金融機関で書類をもらった直後、何かがひらめいてその場で不動産屋さんに契約する旨の連絡をした事を覚えています。

 

後に聞いた話しですが、カフェをやろうとしていた女性も本物件を考えていたそうです。

 

あの時に電話をかけてなかったらどうなっていたのか…

 

人生は面白いですね。

 

 

長くなるので、続きは次回へ。

 


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM