起業時の事2

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 05:23

 

 

前回の続きになります。

 

 

今の工房に決めた理由ですが、下記2点になります。

 

 

 

 ,泙再眩費がかからない事。

 

 

  天井がかなり高く、ロフトがあり他に無い独特の雰囲気でした。

 

  リフォーム済で、ある程度整っていたので、内装費もさほどかからず(かけれず(笑))、

 

  融資は満額下りましたが、それでも当初想定していた予算総額よりも少なかったので、自分で手を加えながら始めることにしまし

た。

 

  木工はほとんど未経験ですが、やる気になれば何でも出来るんです(笑 

 

  電動ドライバー買うところから始めて、ホームセンターに木材を買いに行って…懐かしいですね。

 

 

 

 

 △箸砲くアクセスが良い。

 

  最寄り駅からは徒歩2分。

 

  複数路線使えるところがポイントなのですが、何と言っても新快速停車駅であるJR神戸駅が使えるのが大きいですね。

 

  遠方からのお客様もご来店しやすいだろうと。

 

  環境も雰囲気の良い湊川神社が近くにあり、海も大型ショッピングモールも徒歩圏内。住んでみて思いましたが、相当便利です。

 

 

こういった大きな(金のかかる)決断は疲れますね。

 

他にも決断に次ぐ決断があるので、ある種の興奮状態に持っていかないと、正気ではやってられないというか。

 

 

さて決める事にした私は一路不動産屋さんへ。

 

挨拶もそこそこに内容について話していくと、

 

 

 

契約書…

 

 

 

ふむふむ、なるほどと。

 

賃料他細かな事が記載されていていました。

 

 

 

 

読み進めていくと、

 

保証人欄が。

 

 

「これは付けてもらわないと貸せない」

 

 

 

 

 

呆然としました。

 

 

 

ここまで詰めて来て、最後の最後に親に頭を下げるのか…と。

 

 

書類を持ち帰る道すがら、今後の事を考いろいろと考えました。

 

 

 

 

当時父親は急に体調を崩し、大阪で入院していた時期でもありました。

 

 

 

 

 

状況が状況ゆえ口もあまり聞いてなかったのですが、

 

とりあえずもう一度だけ話をして、ダメなら他の方法を考えようと。

 

 

 

 

そして判子を貰いに入院先の病院まで、頭を下げに行った事を覚えています。

 

行った際に、母から話はされていたようで、二つ返事で快諾してくれました。

 

 

 

その時に、判子を押しながら

 

“身体に気をつけて頑張れ”

 

と言われました。

 

ここまで苦労して来たけれども、自分の中で一つ区切りというか吹っ切れたような感覚がありましたね。

 

 

 

続く

 


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM