続 浮腫み(むくみ)

  • 2019.08.13 Tuesday
  • 08:39

 

 

さて前回からの続きです。

 

 

 

 

 

この経験から木型を作る際は、

 

決められた数値の「ある一点」を狙うというより「大体の面」を狙い、

 

ある程度の余地を残すような考えになりました。

 

 

「オーダーシューズ(ビスポークシューズ)は足にピッタリ」

 

とはある状態においては正しい、

 

しかしある状態においてはそうでもない

 

というのがこれまでの経験からの実感です。

 

 

 

 

「木型」という 変化しない硬いもの

 

「足」という 変化する軟部組織 と 変化しない骨 からなるもの

 

また足は座位(半荷重)、立位(全荷重)、歩行時など状態、動きのなかでも部分的に変化します。

 

この関係性からフィッティングに限界があるのは自明です。

 

(当然木型だけでなく、靴を構成する材料の要素も無視はできません。

靴のアッパーとして主に使われている材料は革ですが、革は多少足の動きや大きさの変化に対応はしてくれます。また革の種類によっても当然変わります。硬い、柔らかい、厚い、薄い…)

 

 

 

例として下記のようなケースが考えられますが、個人的にはこの中ではが最良であると思います。

 

浮腫み前の状態=ジャスト

浮腫み後の状態=キツい

 

浮腫み前の状態=緩い

浮腫み後の状態=ジャスト

 

浮腫み前の状態=やや緩い

浮腫み後の状態=ややキツい

 

ややキツい程度であれば、履き慣らす事で革は伸びて対応してくれますが、

キツい状態ですと靴ずれなどの不具合が出て足にとって良くないと考えています。

 

 

採寸時、仮合わせ時、納品時でフィッティングを見た場合、稀にこちらの想定とは異なる場合があります。

 

それは顧客様の状態に変化があるからです。

 

ここでの状態とは足だけでなく、身体全体です。

 

読んでらっしゃる方には、

 

「身体全体が関係?靴くらいで大層な…」

 

と思われるかも知れませんが、そこまで突き詰めて考えないと出来ない仕事であると感じています。

 

 

顧客様の変化に対してそれくらいシビアに捉えて仕事をしている…

 

 

と感じて頂ければ幸いです。

 

 

 

我々の仕事にとって、これはホンの一例に過ぎないのですが…とほほ

 

 

 

ではでは。

 

*浮腫みについては個人差があります。今回は私の例でしたが、皆様全員に当てはまらない事もあろうかと思います。

ご了承下さい。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM