モンクストラップと受注会

  • 2019.12.05 Thursday
  • 22:29

 

 

12月に入りました、師走です。

 

めっきりと寒くなり冬本番といった感じになって参りました。

 

 

 

今回は先日、納品した靴です。

 

 

 

こちらのデザインはお客様からのご提案でして、このタイプは初めて作りました。

 

2足目のご注文ということで、木型は1足目のご感想を受けて、またこちらも感じた部分があり微調整を施しております。

 

・ノーズ(つま先)をやや短く、細く

 

・甲の軸を内側になるように

 

・踵をホールド感を持たせるように

 

ノーズを短くしながらも、美しく見せるのはなかなか難しいのは、そこに靴ならではの「フィッティング」の問題があるからです。

 

どこでバランスを取るか…

 

 

パターン(型紙)も調整、修正を重ねています。

 

見えない部分に意外と苦労しているんです(涙

 

このデザインだとベルトの「角度」ですね。

 

ベルトが無理なく木型に沿い、美しく収まる。

 

木型が変われば、パターンも変わる…

 

既製品でもモンク(ベルト)のデザインはよく見ますが、「無理してるな」と感じるものも少なくありません。

 

 

 

ベルトはボタン式です。

 

メンズのビスポークシューズではあまり見かける事の少ない仕様ですが、多くのメリットがあるので採用しています。

 

・ワンタッチ(素早く、ストレスフリー)で付けれる→ビスポークでよくあるバックルを縫い付けてあるタイプは付けるのに手間がかかります

 

・ベルトへのダメージがない→バックルを縫い付けてあるタイプは着用ごとにベルトを曲げるので、その際にベルトが痛みます。最悪はベルトの交換などの修理が必要になってきます。

 

・ホールド力が高い→既製品でよくあるバックル+ゴムタイプは、伸びるので歩行の際に多少動きます。

 

・劣化がない→ゴムタイプは伸びたり、時間とともに劣化するので、修理が必要になります。

 

・バックルを簡単に違うものに変更できる→色や形状など気分に合わせて変えることが出来ます。

 

などなど。

 

クラシックな仕様ではバックルをアッパーに縫い付けるタイプなのですが、そういった過去の仕様に捕らわれない、

「現代的で機能性を重視した仕様とクラシックなデザインの両立」というKenji Hashimotoのコンセプトの一端を感じて頂ければと思います。

 

ちなみにソールは、軽量かつクッション性のあるEVAのセメンテッド製法です。

 

こちらのお客様はいわゆるハイエンドな高級紳士靴も履かれていますが、

ご自身のライフスタイルに合わせて、こういった靴も必要とされてご注文頂きました。

 

納品時も喜んで頂きまして、こちらもやり甲斐を感じた印象深い一足となりました。

 

ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

さて、受注会のお知らせです。

 

 

 

福岡 12月15日 

 

東京 1月12,13日

 

例によってご希望の方、またお問い合わせなどはメールinfo@kenji-hashimoto.com頂ければと思います。

 

たくさんの方々にお会いできる事、楽しみにしております!

 

 

コメント
コメントする