名古屋受注会とベルクロのお話

  • 2020.03.27 Friday
  • 03:16

 

ご無沙汰しております。

 

新型コロナウィルスから目を離せませんが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

先日名古屋での受注会を開催致しました。

 

ご来場頂きました皆様ありがとうございました。

 

夜の街は閑散としていて、コロナの影響がここにも…と。

 

 

写真は納品した靴。

 

「(違和感がないので)履いてないみたい」とのご感想。

 

幅が広く(特に指)、内側にかなり倒れ、甲が低く…と難しい足をされていましたが、無事納品できて安心しています。

 

ちなみに仮合わせは二回行い、納期はなんだかんだで11ヶ月くらいでした。

 

ご理解頂きましてありがとうございます。

 

 

 

さて接客をしていると、何かしらの新たな発見があります。

 

 

 

今回は靴の仕様についてですが、

 

用意しているサンプルが少ない事や、これまで納品している靴も限られているので、

 

案外「出来ない」「得意でない」と思われている仕様もあるようで。

(実際は出来ない仕様も多くあります。コストの関係で現実的でないとか…)

 

 

普段作っている靴がいわゆるドレスシューズ、主に紐の革靴なんですが、

 

スタイリングがカジュアルというかストリートに近い方からすると、

 

それらの靴はやや堅く、もう少し軽い感じのモノが出来ないかという話。

 

 

 

結論から言うと、出来ます。

 

 

 

 

というか、むしろそちらの方が得意としている(していた)部分でもあります。

 

「ベルクロ(マジックテープ)のスニーカーみたいなものができないか?」

 

というご要望も、もともと整形靴、靴型装具を作っていたので、むしろ数ではそちらの方が多く作っていました。

 

という事で、問題ないです。

 

 

そんなこんなで…やはりもう少し、己の技術の幅を知らしめるサンプルが必要であるなと…

 

そう思い続けて、はや数年…(いい加減早くしなさい

 

今年はそのあたりにもう少し手を付けて、様々なお客様に興味を持って頂くことが必要なのかなと思っています。

 

 

 

 

「専用木型(+フットベッド)+お好みのデザイン、仕様、素材」

 

他では手に入らない靴をご提供できればと考えています。

 

 

ご興味持たれた方はご連絡頂ければ。

 

では!

 

 

 

 

 

コメント
コメントする