足の大きさの変化

  • 2016.10.25 Tuesday
  • 10:26

 

タイトルを見ると、

 

体型が変わった(太った、痩せた)から足の大きさが変わったと思われますが、(もちろんそういったケースもあるのですが)

 

ここでは1日の間でも足のサイズは変わると言う事について少し書きたいと思います。

 

 

 

 

俗説として「足のむくみが出るのは夕方からなので、靴を買うのは夕方に。(キツくないので」とあります。

 

 

 

 

個人的見解としては「時間帯は関係なく活動状況による」と思っています。

 

自分は横になっている時(停止状態)から起き上がる時が一番大きく、立ち上がって動き回る(活動中)と細くなります。

 

自分で作った靴が活動前はかなりキツいフィッティングであるのに対して、

 

10,20分ほど歩くとしっかりと締めたはずの紐が緩くなっている事があります。

 

これは紐の締め方がマズかったのではなく、足が細くなっている事だとある時に気が付きました。

 

その時は踵のフィッティングも若干緩くなっていたのでわかりました。

 

 

 

 

また別の例では、

 

複数回仮合わせをしたお客様で、

 

仮靴がどうも緩く、「削り込んでいるのにそんな事はない、おかしい」と思い、

 

サイズを測り直したところ周径が10mmほど小さくなっていました。

 

お話を伺うと血圧の薬を飲んでらっしゃるようで、ご来店の時間帯によって飲んでいる場合とそうでない場合があると。

 

 

 

 

 

靴を木型からオーダーで作ると、一足目からピッタリとしたサイズ感のモノが出来上がると思われがちですが、

 

なかなか一筋縄でいかないのは、こういった「1日の間にもサイズに幅」があるからです。

 

当工房では「点を点で狙うフィッティングではなく、面を面で狙うフィッティング」で作るようにしています。

 

そこから先は実際に靴を履き込んでから判断となります。

 

こうした過程を経て数足作っていくとフィッティング精度の高い靴になっていきます。

 

 

 

 

木型から靴を作る意味というのはこういった「次がある」ところかと思います。

 

一足だけで終わると作り手、履き手ともにロスが大きいのですが、

 

数を重ねていくと実り(木型の精度、木型代、型紙代、コミュニケーションなど)が大きいものになっていきます。

 

 

長いおつきあいの前提でご注文頂けると幸いです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM