紐の重要性

  • 2016.11.11 Friday
  • 08:14



先日、フットベッド御注文頂いたお客様の話を少し。


A様「スニーカー用に作ってもらったフットベッドを入れても、横のアーチが出来るというより足が横に広がる(開帳足気味)感じがあるのですが…」


橋「脱ぎ履きの際、紐をきちんと緩めて締めてされてます?」


A様「あ…してないです…」


橋「では一度紐をきちんと締めてみて下さい」



足、靴の相談などをしてると「基本的な靴の履き方」についてご存知ない方が非常に多いです。


どれだけ高機能な靴、中敷を持っていても、正しい履き方をしなければそのパフォーマンスを十分に発揮することはできません。

これはスニーカーだろうとドレスシューズだろうと靴なら同じです。



紐であれば緩める、ベルト(ストラップ)のモノなら外してから足を入れて下さい。

(一部ゴムを併用してるデザインは靴べらを使ってそのまま入れて下さい。)



スニーカーのような前まで紐があるタイプは紐を締めることで、横アーチの形成が期待できます。また足も前に滑りにくくなるので、指が痛くなりにくく、踵も安定します。フットベッドを入れているならばアーチの効果も設定通り期待できます。


また締めたまま強引に脱ぎ履きをすると靴も痛みます。



当工房で作ってる靴は足を採寸した数値を元に
ミリ単位で合わせているので、紐を締めたまま脱ぎ履きする事は不可能です。

靴の脱ぎ履き、確かに紐の締め緩めは面倒ではあるのですが、足と靴を守るには必要な事。それがあるべき本来の姿なのです。

またデザインの観点からも、「いかに足をホールドするか」をベースに検討に検討を重ねて紐やベルトの位置が決められています。



靴、足でお悩みの方、まずは正しい靴の履き方からお試し下さい。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM