ビスポーク業

  • 2016.11.15 Tuesday
  • 05:37

 

 

先日、大阪の老舗ビスポークテーラーである金子洋服店の金子様が個人的に靴のご注文目的でご来店頂きました。

 

https://www.instagram.com/p/BMWD6YIhLs-/

 

以前から足に悩みがあり革靴を履くのが精神的に苦痛で、

 

しかしながら仕事柄履かずにはいられない…ということで、

 

SNSで当工房を知り、ご興味をお持ちになられたそうです。

 

 

 

 

「小規模自営業」「街の靴工房」として、

 

 

普段のこうした地味な発信がどこまで届いているのか…

 

時間をかけてやる意味があるのか…

 

 

不安になることもあるのですが、

 

届くところには届いているのだなぁとしみじみ。

 

 

ご来店頂いた際、お客様とはちょっとした会話は当然するのですが、

 

金子様の場合は同じモノづくりをしている人間として共感する点も多く、

 

「スーツの場合は◯◯なんですよ。」

 

「あー、靴も同じような事あります!」

 

みたいな話をしていました。

 

 

また普段、オーダーを受ける立場として日々活動されている方が、

 

オーダーする側に回るのは勉強になると仰られていたのが印象的でした。

 

 

 

さてさて肝心のオーダーですが、

 

「仕様など特にこだわりがないので、スーツに合う、履いていて快適な靴を」

 

ということなので黒の内羽根ストレートチップ(EVA、セメンテッド)をご提案。

 

金子様、かなり特徴のある足をされているので、既製品で苦労されているのはよくわかりました。

 

木型の作り甲斐のある足なので、こちらもやるぞと自然にスイッチが入ります。

 

 

 

「仕様、デザインに特にこだわりがない」

 

「既製の高級品では足に合わないので硬い、痛い。」

 

「かといってコンフォートシューズのような柔らかい革、カジュアルなデザイン、丸いボリュームのある木型ではスーツに合わせにくい。中敷があるのは良いのだけど…」

 

 

こういった方こそ当工房に向いているのかもしれません。

 

 

よくお客様で、

 

「靴のオーダーに興味はあるけど、知識がないので勉強してから…」

 

という方がいらっしゃるのですが、

 

靴のオーダーはそんなに構える必要はなく、ある程度悩み、ご希望を伝えて頂ければ、

 

あとはこちらで外観、機能性などのバランスをとりながら形にしていきます。

 

 

一から作るので自由度が高いのですが、

 

靴は機能性を無視することは出来ず、

 

また修理をしながら飽きずに長く履く事を考慮に入れると、

 

ある程度決まったデザイン、仕様になってきます。

 

ご希望のデザインなどがある場合は、写真などを見せて頂きながらご相談…という形になりますので、

 

お気軽に一度ハシモトにぶつけてみて下さい(^^)

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM